インタビュー
インタビュー

あした輝け!霜出佳奈

最終回 今はボウリングがすべて

――霜出プロは大会ごとに勝因や敗因を分析したりしますか?

霜出 試合中にノートを付けています。アプローチの何枚目に立って、どのラインをどのボールでどんなイメージで投げたとか。とくに成績が悪かったときは後で見て振り返ります。そのときのレーンコンディションや持っていったボールもメモしておいて、どのボールの相性がよかったかを覚えておくと、次に同じセンターで大会があったときに準備もしやすいですしね。

 

――成績が悪かったときは気分も落ち込むと思いますが、霜出プロの気分転換法は?

霜出 寝ることです(笑)。仕事以外で外出するのは好きじゃないし、物欲がなくて買い物にも興味がないので。

 

――着飾ることにも関心がない?

霜出 ないですね。だからキチッとした場に出るときの服装にいつも困ります。箪笥を開けてもユニフォームしか入っていないから(笑)。

 

――これといった趣味がない。

霜出 ないんですよねぇ(苦笑)。テレビも朝起きてニュースを見るくらいで、普段は見ないしゲームもしない。最近、テレビにYouTubeをつなげられるようになったのでボウリングを観ています。

 

――YouTubeでもボウリング!

霜出 あとはお喋りの勉強ですね。最近は取材や動画を撮っていただく機会が増えたので、もうちょっとお喋りをうまくしたいと思って、大好きな姫路麗プロ(33期)とか、他業種の方がお話している動画なんかを見ています。

 

――どこまでもボウリング中心なのですね。

霜出 なぜかボウリング以外のものは続かないんですよね。水泳は中学までしっかりやりましたが、算盤とか習字とか、ほかに習っていたものはある程度上達したら「もういいか」って感じになっちゃって(苦笑)。ホント、ボウリングだけですね。「次はこうしてみよう」とか「こんなふうに投げてみたい」と飽きずに取り組めるのは。周りに人が大勢いるスポーツということもあるでしょうし、ジュニアの頃から同い年で活躍している子が多くて、彼女たちに「負けたくない!」という気持ちが強いからでしょうね。

 

――「子供の頃から負けず嫌い」とコーチの方も仰ってました(笑)。では最後に、そんな霜出プロの究極の目標は?

霜出 今の自分にとっての麗プロのように、相手に「あの人とは対戦したくない」と思わせるような、絶対的な強さを身につけることです。関西オープン(18年)の決勝で麗プロに300点を出されて負けたとき、憧れの人の偉業を特等席で見られて嬉しかった半面、本当に悔しくて相当落ち込みましたから(笑)。 (了)

 

※本稿はタブロイド判4月号の掲載記事「表紙の顔」を、未掲載箇所を含めてインタビュー形式に再構成したものです。(聞き手・浜部良典)

しもいで・かな/1994年6月19日、千葉県柏市生まれ。

163㎝、右投げ。血液型O。

2017年プロ入り(50期/ライセンス№559)。

優勝1回(18年グリコセブンティーンアイス杯)。

昨年度ポイントランキング3位。

第2回 今は「1位」が目標に非ず

――今年デビュー3年目ですが、ここまでの戦績を見ても、勤めを辞めてプロの道に舵を切った決断は間違っていなかったですね。

霜出 そう…ですかね(苦笑)。

 

――2017年のプロテストを一発でクリアして、秋のジャパンオープンで準優勝。初年度は下半期だけでポイントランキング8位に入りました。

霜出 デビューの年は上半期から投げている先輩方より2大会少ないなかで8位だったので、自分でもびっくりでした。

 

――翌18年はグリコセブンティーンアイス杯に優勝して早くもタイトルホルダーの仲間入り。準優勝も3回あって(関西女子オープン、宮崎プロアマオープン、全日本女子プロ選手権)、ランキングも3位にアップしました。今年は当然、それ以上の成績が目標になる?

霜出 目標としてはそうですし、周囲の方が期待してくださっているのもうれしいのですが、正直、今はまだ自分のボウリングに足りないものが多すぎて、「1位になりたい!」という気持ちはそんなにないんです。

 

――足りない部分とは?

霜出 練習量であったり、気持ちの強さであったりです。ランキング1位とか、自分ではまだ具体的な目標を口にできるレベルではないと思うし、出場するすべての大会でいい成績を残せるように頑張るだけです。一つひとつの試合で何かしら収穫のある一年にしたいですね。

 

――なるほど。

霜出 今年一年で揺るぎない自信をつけたいですね。今はまだ試合中に自信のない投球をしてしまうことも多いので、そのためにもいっぱい練習しなくちゃいけないし、周囲の先輩からも学べるものは貪欲に学んでいきたいです。

 

――考えてみればプロボウラー人生は始まったばかりで、先は長いですもんね。

霜出 そうですよ! 長く続けられるのがボウリングの魅力ですし、今も斉藤志乃ぶプロ(3期)とかが投げていらっしゃるのを見ると「すごいな!」と思って、私も絶対、同じくらい長く現役として投げるぞ!って(笑)。

 

――志乃ぶプロといえば「出ると勝ち」状態だった往年の絶好調期でも自分のボウリングに満足せず、あれこれいろんなことを試していました。

霜出 その気持ち、よく分かります。そういえば全日本のときに、同じボックスに時本美津子プロ(7期)がいて、左隣のボックスに斉藤プロがいらっしゃったんですよ。そのときもいろいろお話を伺って、時本プロには「ボウリング以外に何か趣味を見つけなさい。大会中も気分転換になるし、心が落ち着くから」って言われました(苦笑)。  (つづく)

 

※本稿はタブロイド判の掲載記事「表紙の顔」を、未掲載箇所を含めてインタビュー形式に再構成したものです。   (聞き手・浜部良典)

しもいで・かな/1994年6月19日、千葉県柏市生まれ。

163㎝、右投げ。血液型O。

2017年プロ入り(50期/ライセンス№559)。

優勝1回(18年グリコセブンティーンアイス杯)。

昨年度ポイントランキング3位。

第1回 プロ入り前夜

本年4月号から大幅な紙面刷新を断行したタブロイド判「ボウリングジャーナル」で、記念すべき最初の“表紙”を飾ったのがデビュー3年目の霜出佳奈プロ。実力派女優・黒木華さん似の健康美人だが、彼女もすでに公式戦優勝1回、準優勝4回の実績を誇る次代のトップ候補だ。

――中学時代から全国大会やプロアマトーナメントで活躍されていましたが、10年前、DHCの大会でベストアマを獲ったときのことはよく覚えています。

霜出 懐かしい! 張ヶ谷順子さんと同ピンで、ローハイの差で獲った人生初めてのベストアマです(笑)。

 

――当時は眼鏡をかけていて、地味で大人しい印象の女の子でした(笑)。

霜出 そうなんですよ(苦笑)。眼鏡かけてて、黒髪で。我ながら恥ずかしいので、当時の写真はあまり見ないですね。

 

――フリーで活動されていますが、それは最初から決めていたこと?

霜出 そうですね。アマチュア時代からいろいろなセンターさんにお世話になっているので、プロになってもどこか一つに所属するのではなく、以前と同じようにいろいろなところで、と。センターのお客さんに、盛大に応援してもらえる所属プロに憧れはあるんですけどね。

 

――最初からプロボウラーを目指したのではなく、高校卒業後は専門学校に進んだのですね。

霜出 はい、英語とコンピューターを一緒に学べる御茶ノ水の専門学校に2年間通いました。

 

――それはまたどうして?

霜出 高校1年のときに出会った英語の先生がすごく面白い方で、英語が好きになったんです(笑)。小学校6年のとき、アメリカのケーゲルトレーニングセンターに行ったんですけど、そのときは全然喋れなくて、それでも英語を勉強したいという気にはならなかったのに、不思議ですよね。で、私がいた市立柏高校には国際学科というのがあって、2年時に普通科からそこに籍を移して2年間、専門学校で2年間、みっちり英語を学びました。

 

――同時にコンピューターを学ぼうと思ったのは?

霜出 もしこの先ボウリングができなくなって一般企業で働くとなったら、コンピューターぐらい使えたほうがいいだろう、と。オフィス(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)の資格も取りましたよ(笑)。

 

――専門学校の修了後は?

霜出 スポーツ用品メーカーに就職して、原宿の店舗で販売員をやっていました。外国人客が多くて、英語で接客していましたね。

 

――どのくらいの期間勤めていたのですか?

霜出 それが、半年で辞めちゃったんです(苦笑)。一生懸命勉強してきた英語を使って商品を売る仕事自体はとても楽しかったのですが、それまで週5で投げていたのが週1になってしまって…。「ボウリングがしたい」「大会にも出たい」「もっと筋トレもしたい」という気持ちが、仕事の楽しさに勝りました。ボウリングに直接関係のない仕事との両立は、やっぱり難しかったです。(つづく)

 

※本稿はタブロイド判“ボウリングジャーナル”の掲載記事「表紙の顔」を、未掲載箇所を含めてインタビュー形式に再構成したものです。   (聞き手・浜部良典)

しもいで・かな/1994年6月19日、千葉県柏市生まれ。

163㎝、右投げ。血液型O。

2017年プロ入り(50期/ライセンス№559)。

優勝1回(18年グリコセブンティーンアイス杯)。

昨年度ポイントランキング3位。

 

Top