覚醒への助走 浅田梨奈

覚醒への助走 浅田梨奈

第3回|苦闘の3年間を乗り越えて新たな境地に

まだタイトルこそ手にしていない(10月10日現在)ものの、デビュー5年目での進化が目覚ましい浅田梨奈プロ。

ボウリングジャーナル・7月号の表紙に登場いただくとともに、表紙の顔として、インタビューのさわりを掲載したが、ここではフルバージョンをお届けする。

 

──プロ入りして3年間ぐらいは結果が出ませんでした。

浅田 オイルの削れ方も、アマチュア時代とはまったく違うように思えて、それに対応していくには、今の私のボウリングではだめだと思ったんです。でもどこをどう直していいのかわからなくて、むずむずしている3年間でした。ボールの回転軸を変えるのに、メカテクをつけたままやっていても大きな違いが出ないので、一回素手にしたこともありましたが、思うように点数が出なくて、翌年のことも考えると順位も気にしないといけないので、そのときは1年足らずでまたメカテクターに戻しました。

 

──去年は全試合予選を突破して、ランキングも7位へ躍進しました。なにが変わったのでしょうか。

浅田 7位というのは自分でもびっくりです。でも優勝争いをしてそこに行けたのではなくて、トータル的に予選落ちがなくて、コツコツとポイントを積み上げての結果でした。大きかったのは、その1年前からパーソナルトレーナーの方についていただいて、体幹トレーニングや体の使い方などを教わってきたことですね。最初の1年間は、それまでと動きが変わるのでなかなか結果には結びつかなかったけど、少しずつボウリングに結びつけられるようになってきました。

 

──昨シーズンから、ハイスポーツとのボール契約になりましたが、それも影響はありましたか。

浅田 いちどフリーになって、その翌シーズンからハイスポーツさんにお世話になっています。それまでボールに関する知識もあまりなかったのですが、プロ向けのボールの講習会や、練習会に参加させてもらうようになった。とくにコーチングの資格を持つ先輩プロからボウリングを見てもらってアドバイスを頂いて、それを帰って練習でやってみるということを繰り返しているうちに、少しずつ感覚がよくなってきて、それも成績に結びついてきたと思います。また新しく知識が増えていくって楽しいじゃないですか、だから今、ボウリングがすごく楽しくなってきました。

 

──以前よりもスピードがアップして、ボールの威力が上がったように思います。

浅田 回転数やスピードを上げる目的で取り組んでいたわけではないんです。“こういう風に投げてみたら、こういうボウリングができるようになるよ”というようなアドバイスをいただいて練習をしているうちに、それが少しずつできるようになるなかで、回転数やスピードも自然に上がってきた感じです。体幹トレーニングなどに取り組んでいたことも、新しい取り組みとうまく結びついた面もあると思います。

 

──今年はさらに飛躍の年となっています。KUWATA CUPを振り返ってはいかがですか。

浅田 予選から準決勝まで、ビッグもないけどローもない感じでずっときていて、最後のゲームに260が出てポンと3位まで上がった感じでした。ヒカリエであった決勝では、あとから振り返れば緊張はあったと思いますが、それよりも集中していました。細かいミスはあったけど、だからそのときの後悔はあまりないです。

 

──グリコセブンティーンアイス杯も3位でした。

浅田 去年の六甲クイーンズもそうですし、KUWATA CUPも、グリコも全部競って負けているんです。10フレ勝負でもう1発持ってくればというところで、必ず持ってこれていない。そこが私のまだまだ甘いところだと思います。これだけ続くということは、原因はメンタルですね。そこを持ってこれるかどうかが、大きな差なんだろうと思います。

 

──すでに同期が何人もタイトルホルダーになっています。同期の存在は、浅田さんにとってどういうものですか。

浅田 すごく大きいです。同期が頑張っているから、私もそこにいきたい、同じステージに立ちたいという気持ちが、より大きくなっています。もちろん先を越された悔しさは、めちゃくちゃありますよ(笑)。でもチャンスが巡ってきたときに、しっかり打つ力があったから優勝しているし、私はそこにいけていないので、差があることは認めないといけない。

 

──アマチュア時代にもいわれていたブロンズメダルコレクターの払拭をしたいですね。

浅田 先輩プロには“たくさん勝っている人でも、優勝の数よりも2位とか3位の数の方が多いよ、だからきちんとやることをやり続けていれば、きっと成績がついてくるときがくるから…”といってくださる方もいます。そのためには、常にチャンスが見えるところにいられるようにしないと、それをつかむこともできないと思います。

(了)

Top