JPBA

JPBA

第35回六甲クイーンズオープントーナメント

7月15日(月・祝)~16日(火)/神戸六甲ボウル

 

寺下智香が連覇で通算5勝目

 

永久シード(通算20勝)を「この大会で絶対に決める」という決意で臨んだ姫路麗が、気合十分に予選からトップを快走。ラウンドロビンでディフェンディングチャンピオンの寺下智香を57ポイント差抑えトップシードを獲得。3位の松永裕美、4位の本間由佳梨までがTV決勝に進出した。

3位決定戦で寺下が松永を245:232で下し、優勝決定戦は前々年優勝の姫路と、前年優勝の寺下の対決となった。

ともにストライクがつながらない重苦しい展開。

先に姫路が6フレ⑧⑩と割れてオープンを作れば、寺下の7フレも⑤⑩スプリット。

これをカバーにいってノータッチの寺下が1ピン追いかける形で9、10フレ勝負へ。

 

9フレスをトライクの寺下は、10フレ1投目、渾身のストライクでこのゲーム初のダブルをマーク。姫路も10フレ1投目をストライクのため、勝負を決めるためにはもう一発必要な寺下の2投目は、「思いどおりの投球だったけど、厚めにいってしまった」と②⑤を残す。

 

ダブれば再逆転の姫路の2投目だったが、④ピンを残し顔を覆った。「失投ではなかった」と振り返ったが、経験豊富な姫路をして悲願の20勝を目前に、無意識のうちに力が入ったのか…。

 

姫路の20勝達成を期待する雰囲気のなかでの戦いに「やり辛さはありました」と正直に語った寺下だが、女王・姫路を下しての価値ある5勝目だった。

連覇を達成の寺下

70勝目を逃した姫路

第35回六甲クイーンズオープン最終成績のサムネイル 第35回六甲クイーンズオープンtvのサムネイル

Top