大会リポート・リザルト
大会リポート・リザルト

ABBF

第46回全国実業団選手権大会

10月19日(土)~20日(日)/稲沢グランドボウル

大同特殊鋼が地元開催で初制覇

第46回全国実業団選手権大会は、128チーム(4人チーム)が参加して頂点を目指した。
予選1回戦はナックマスダA・裾野市部が2905とスタートダッシュを決めたが、2回戦は2444とペースダウンの間に、2653を打った大同特殊鋼㈱A・名古屋支部がトップを奪うと、最終3回戦でも2785と伸ばして8194で1位通過、2位のアルゴA・豊中支部は272ピン差と開いていた。
安全圏かと思われた大同特殊鋼Aだが、決勝は2535と伸び悩む間に、アルゴA2792を打って猛追、あわやと思わせたが、大同特殊鋼Aが15ピン差振り切る10729で、念願の初優勝を飾った。予選を5位通過のナックマスダAが、決勝で2723と盛り返し、10590で3位に入った。


  • (入賞)入賞チーム

  • (優勝)優勝の大同特殊鋼Aチーム
  • 全国実業団選手権成績のサムネイル
    全国実業団選手権成績

第46回全国実業団個人選手権大会

8月31日(土)~9月1日(日)/ヤングファラオ

 

第46回全国実業団個人選手権大会は、一般男子(97名)、シニア男子(158名)、女子(75名)の3部門で争われた。

〔一般男子部門〕

予選7G目にパーフェクトを達成の吉田大祐選手が2044のトップで決勝に進出したが、佐々木銀次選手が12ピン差で続くなど接戦となっていた。決勝も一進一退の攻防だったが、吉田選手が2700で、佐々木選手を23ピン差退けた。

〔シニア男子部門〕

尻上がりに調子を上げた本望工選手が2049の1位で予選をクリアしたが、決勝は1987で4位通過の新井雄史選手が1G目に279を叩いて肉薄すると、その勢いのままトータル2718で優勝を飾った。

〔女子部門〕

女子も予選1回戦から3回戦まで目まぐるしく順位が入れ替わる接戦だったが、3回戦で750アップの鳥居苗美選手がトップに立ち、12ピン差の2位に大西陽子選手がつけていた。決勝も両選手の優勝争いとなったが、鳥居選手が3ピン差振り切る2618で優勝した。

 

一般男子入賞者

個人選手権成績1のサムネイル

シニア男子入賞者

個人選手権成績2のサムネイル

女子入賞者

個人選手権成績3のサムネイル

第45回関西ブロック選手権大会

4月21日/MKボウル上賀茂

アルゴが接戦を制し初V

アルゴA・豊中支部(堀田悠次・板垣昌一郎・宮本宗幸)と昨年準優勝のKDA-Bの優勝争いは最終Gまでもつれたが、アルゴAが8005で初優勝を飾り、KDA-Bは34ピン差で2年連続準優勝にとどまった。

2019kansai_resultのサムネイル

第45回東海ブロック選手権大会

4月20日~21日/岩屋キャノンボウル

菊池企画Bが混戦を制す

上位3チームによる激しい優勝争いとなったが、菊池企画B・岩屋支部(河合繭子・景山里栄・菊池登)が7731を打って、本多商事Bに73ピン差、セイルBに97ピン差をつけて優勝を飾った。

2019tokai_resultのサムネイル

Top