BPAJ

BPAJ

第53回宮様チャリティーボウリング大会

2019年11月30日~12月1日/品川プリンスホテルBC

一般の部は男女とも現役ナショナルチームメンバーが制す!

今大会には一般の部に264人(男子186、女子78)、障害者の部に114人(男子91、女子23)のアマチュアの精鋭が出場し、一般の部は予選8G・準決勝4Gを経て男女各10人の上位者を決勝トーナメントに選出。1位通過者が優勝決定戦にシードされ、2位以下の9人がシュートアウト方式でその対戦枠を争った。優勝決定戦は三笠宮瑤子女王殿下のご台臨を得て行われ、女子が谷原未来選手(JBC推薦・準決勝3位)、男子は宮澤拓哉選手(同・準決勝2位)と、ともにシュートアウトを勝ち抜けた現ナショナルチームメンバーがトップシードの選手を破り、優勝を飾った。

女子優勝の谷原選手はスタートからの4連発でゲームの主導権を握り、大会上位常連の阿久津るみ選手(宇都宮第二トーヨーボウル)を38□ピン差突き放しての快勝。「準決勝までは投げるレーンによって合わせるのが難しく、スコアをまとめるのに苦労しましたが、決勝は練習ボールのいいイメージでいけたのがよかったです」と、表情をほころばせた。

一方、予選・準決勝を独走状態で勝ち上がったトップシードのベテラン・本望工選手(ABBF推薦)に40歳年下の宮澤選手が挑んだ男子優勝決定戦は、ともにスプリットオープンスタートという波乱の幕開けから10フレ勝負にまでもつれ込む僅差の大接戦に。最後は「ミスったら負け」の10フレ2投目でみごとストライクを決めた宮澤選手が3□ピン差で辛勝し、栄えある寛仁親王牌を手にした。

  • 第53回宮様チャリティーボウリング大会_成績xls (1)のサムネイル
Top