JBC

JBC

第43回全日本高校ボウリング選手権大会

7月29日(月)~31日(水)/川崎グランドボウル

 

男子192名、女子109名が参加して予選9G, 決勝3Gの12Gトータルで争われた。

 

〔男子の部〕

斉藤茂雄プロ(42期)の息子・齋藤翔選手が予選を安定した内容で2043を打って1位通過、24ピン差で橋本将希選手、さらに7ピン差で吉原正明選手と、2、3位には1年生の二人がつけていた。

決勝は最終G、64ピン差を追いかける橋本選手が、1フレから7連発で差を詰めたが、齋藤選手は8フレ④⑨のスプリットをナイスカバーで切り抜け、トータル2736で初優勝を飾った。橋本選手は43ピン差の2位、吉原選手も2660で、予選の順位を守った。

 

〔女子の部〕

予選1回戦を740でスタートダッシュの水谷秋穂選手が2回戦は512とペースダウンの間にトップを奪った原野萌花選手が1945の1位通過、水谷選手は23ピン差の2位、水谷選手から55ピン差の3位に小林茜選手がつけていた。

決勝は1G目151と落とした原野選手だが、2G目はボールもラインも変えて224と立て直し、トータル2512で、水谷選手を30ピン差退け、最終学年で高校選手権のタイトルを手にした。3位には、決勝で638を打った近藤菜帆選手が2477で入った。

Top