JBC

JBC

第10回全日本小学生ボウリング競技大会

8月3日(土)~4日(日)/稲沢グランドボウル

 

女子は6年生・美優、4年生・優依の谷口姉妹がアベック優勝

 

4年生から6年生までの男女237選手が出場、それぞれ予選6G、決勝3Gの9Gトータルで優勝を争った。

〔男子〕

6年生の部は、林優輝選手が予選はぎりぎり10位での通過から、決勝で715を打って、トータル1880の大逆転で優勝をさらった。5年生の部は、昨年4年生の部も制した立花仁貴選手が2位以下に100ピン近い差をつける1952で快勝。「来年も優勝して史上初の3連覇を…」と意気込みを語っていた。4年生の部は、高橋洸正選手と土肥大輔選手が大熱戦を展開したが、高橋選手が1710で、土肥選手を2ピン抑え優勝した。

〔女子〕

6年生の部は、予選2位の谷口美優選手が、決勝で地力を発揮してトータル1726で逆転、前年の5年生の部に続く連覇を飾った。5年生の部は、藤田妃夏選手が決勝で610を打って、トータル1595で予選の3位から逆転優勝。ちなみにこの大会で東京勢の優勝は初だった。4年生の部は、予選4位の谷口優依選手が、決勝は各選手がスコアメイクに苦戦するなか、574とを打って抜け出し、6年生の部の姉美優選手とともに、姉妹で優勝を飾った。

elementary10のサムネイル

Top