JBC

JBC

第52回関西シニアボウリング選手権大会

8月24日~25日/キョーイチボウル宇治

 

男子・濱田常男、女子・奥村鈴子選手が選手権者に

 

選手権者決定戦には、2人チーム戦(3G)とシングルス戦(6G)の個人得点、男子は上位18名、女子は12名が決勝に進んだ。

男子は、濱田常男選手(大阪)が2072の1位で決勝に進出、42ピン差の2位に槌谷敏選手(大阪)がつけていた。槌谷選手は決勝で716を打って追い上げたものの、濱田選手も694と伸ばし、20ピン差振り切る2766で選手権者に輝いた。

女子は、ダブルス、シングルスで優勝の奥村鈴子選手(京都)が1964の断トツの1位で決勝に進むと、決勝を600とまとめ、トータル2564で快勝、3種目完全制覇を達成した。

関西シニア成績表のサムネイル

選手権者の奥村選手(左)と濱田選手

Top