JBC

JBC

第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体

10月2日~/フジ取手ボウル

少年女子は愛知が個人、団体の2冠
少年男子団体は北海道が最終Gの大逆転劇

10月2日からスタートした第74回国民体育大会は、10月3日に少年男女の個人戦と団体戦の決勝が行われた。

〔少年女子・個人戦〕
決勝の2Gを終えても横一線の接戦だった。僅差でリードする水谷秋穂選手(愛知)は「欲張らないで、次の団体戦に勢いをつなげられるような投球をしよう」という気負いのなさがプラスになったか、最終G267を打って後続を一気に突き放し、トータル1902で個人では初優勝を飾った。78ピン差の2位に小林茜選手(徳島)、さらに36ピン差の3位に野仲美咲選手(東京)が入った。

〔少年男子・個人戦〕
「地元で練習をしていたときよりも、レーンは自分には易しく感じた」と振り返った坂原慎平選手(和歌山)が、予選を1403の1位でクリアすると、決勝を649とまとめ、トータル2052で余裕の逃げ切りで初優勝を飾った。8位で決勝進出の林元輝選手(愛知)が決勝では1位の660を打って、1973で2位に入り、同じ愛知の齋藤翔選手が13ピン差の3位だった。

〔少年女子・団体戦〕
予選からトップを走る東京都(野仲美咲・矢野彩花)と、決勝2G目に471を打って12ピン差に迫った愛知県(近藤菜帆・水谷秋穂)の優勝争いとなっていた。迎えた最終G、ふたり揃って5フレからのターキーで逆転した愛知県だが、9フレは揃ってスプリットでオープン。10フレをスペアしなければ負けの愛知のアンカー・水谷選手は「ド緊張で外ミスをしてしまった。割れそうだったけど、手に(大会マスコットの)いばラッキーを描いていたおかげでラッキーを運んでくれた」と事なきを得て、東京都を8ピン振り切る3623で優勝した。水谷選手はパートナーが毎回代わりながらの3連覇だった。近藤選手は「自分が相方となったときに連覇が途切れるのは嫌だったので、ホッとしています」と会心の笑顔だった。

〔少年男子・団体戦〕
予選1位通過の愛知県(林元輝・齋藤翔)が、決勝でも順調にスコアを上乗せして、2位の北海道(紺谷涼太・野呂孔策)に103ピン差をつけていた。迎えた最終G「優勝よりも、今やれるだけのことをやろうと思っていた」と、今年の全日本中学選手権を制した紺谷選手が、両手投げから豪快なストライクを連発すれば、1学年先輩の野呂選手は「5フレあたりで、ひょっとしたらあり得るかも」と、優勝を意識したと振り返る。このゲーム紺谷選手が278、野呂選手が266を打った北海道が、愛知を55ピン逆転する3932で優勝をさらった。


女子個人戦入賞者、左から優勝・水谷、2位小林、3位・野仲、4位・鈴木、5位・工藤、6位・遠藤、7位・遠藤、8位・石田の各選手

男子個人戦入賞者、左から優勝・坂原、2位・林、3位・齋藤、4位・井上、5位・熊沢、6位・西島本、7位・紺谷、8位・田窪の各選手

女子団体戦優勝の愛知県

男子団体戦優勝の北海道

 

Top