JBC

JBC

第26回全国高等学校対抗ボウリング選手権大会

12月20日(金)~22日(日)/川崎グランドボウル

 

男子・岐阜聖徳学園、女子・富岳館高校がともに初優勝

 

59チームによって争われた男子は、ユースナショナルチームの畑秀明選手を擁する神奈川・湘南学院が予選を1位通過したが、決勝トーナメントでは1回戦で敗れ早々と姿を消す波乱の展開のなか、1年生コンビながら予選を2位の岐阜聖徳学園が順調に優勝決定戦に駒を進めた。そして準決勝で475を打って快勝した沖縄・中部商業高校が、岐阜聖徳学園と優勝をかけて激突した。その優勝決定戦は、序盤は硬さが見られリードを許した岐阜聖徳学園だが、4フレから世古選手がターキー、石川選手はフォースで逆転すると、終盤もストライクをつなげて439:345と快勝、初優勝を飾った。

 

19チームで争われた女子は、予選1位の福岡第一を準決勝で452:382で下した静岡・富岳館高校と、予選2位の神奈川県立大師を386:352で下した東京・堀越高校が優勝決定戦に進出した。10フレ勝負にもつれたその対戦は、半マークリードの富岳館高校だったが、米山選手の10フレは⑦⑩スプリット。しかし堀越高校の野仲選手も④⑥と割れてオープン。アンカー勝負は富岳館高校の鈴木選手、堀越高校の神杉選手ともにパンチアウトで、富岳館高校が378:373と5ピン差で制し、初出場初優勝を飾った。

  • 高校対抗のサムネイル
Top