大会リポート・リザルト
大会リポート・リザルト

JPBA

第51回HANDA CUP全日本女子プロボウリング選手権

12月12日(木)~14日(土)/東大和グランドボウル

 

姫路麗が5度目の全日本女王に

 

予選Part1、Part2と独走態勢の坂本かやに、姫路麗がジワジワと詰め寄り、準決勝は二人のマッチレースとなったが、姫路が33Gトータル7622で坂本を35ピン抑えトップシードを決めた。予選3位通過の佐藤まさみが3位をキープ、そして寺下智香が決勝進出最後の4番目の座を確保した。

 

4位決定戦は、後半ストライクがつながらなかった佐藤を、寺下が8フレからのオールウェーで突き放し、247:206で勝ち上がった。3位決定戦は、ダブルスタート、6フレからターキーで先行する坂本を、7フレからのターキーで10フレ勝負に持ち込んだ寺下だが、10フレはストライクが切れて、坂本が227:216で優勝決定戦に進出した。

 

優勝決定戦は、坂本がダブルスタートで先手を奪ったが、1フレをスペアスタートの姫路は、2フレから圧巻の11連発で290:213と完勝、全日本選手権5度目の優勝を飾った。そして永久シードとなる通算20勝を達成のメモリアルイヤーを有終のVで締めくくった。


  • 一気に通算22勝まで伸ばした
  • 2019女子最終ポイントランキング(全日本女子終了12.14)のサムネイル
    2019女子最終ポイントランキング(全日本女子終了12.14)
  • 第51回全日本女子プロ選手権大会最終成績のサムネイル
    入賞者リスト
  • 第51回全日本女子プロ選手権大会最終成績 – コピーのサムネイル
    決勝ステップラダー

 

第42回JLBCクイーンズオープン プリンスカップ

12月4日(水)~7日(土)/品川プリンスホテルBC

 

谷川章子が11年ぶりの優勝で通算6勝目

 

準決勝シュートアウトまで勝ち上がってきたのは、Aゾーンからは、唯一アマでベスト8まで勝ち残っていた芳賀裕美子選手を5回戦で下した谷川章子と、5回戦でワンショットプレーオフの末に長縄多禧子を下した桑藤美樹。Bゾーンからは、1回戦をシードのあと2回戦から5回戦まで、いずれも500アップの圧倒的な爆発力を見せた坂本かやと、5回戦で久保田彩花との10フレ勝負を432:423で競り勝った川口富美恵。

 

4人による1Gマッチの準決勝シュートアウトは、一進一退の攻防だったが、桑藤が8フレからのターキーで優勝決定戦進出を決めた。前半3つのオープンをつくった坂本は、7フレからのターキーで追い上げたが、10フレ1投目で切れて脱落。川口と谷川の争いは、10フレ最後の1投勝負に持ち込まれたが、ともにストライクで194の谷川が、1ピン差退けて勝ち上がった。

 

優勝決定戦は、先行する谷川が8フレ、バケットをカバーミスでオープンとすると、桑藤はすかさず8フレからダブって並びかけたが、10フレは⑤⑩と割れてオープン。パンチアウトで締めた谷川が、2008年の群馬オープン以来11年ぶりの優勝を飾った。


  • 優勝の谷川

  • アマの部表彰選手
  • 2のサムネイル
    入賞者リスト
  • 5のサムネイル
    準決勝シュートアウト・決勝
  • 6のサムネイル
    決勝トーナメント組み合わせ

HANDA CUP第53回全日本プロボウリング選手権

11月29日(金)~12月1日(日)/新狭山グランドボウル

 

川添奨太が2年ぶり6度目の戴冠

 

準決勝を終わってプラス(アベ200以上)が4人という難コンディションで行われたが、ディフェンディングチャンピオンの永野すばるが最終G265を打って、2年連続の1位で決勝ステップラダーに進み、連覇へ視界良好だった。逆に最終Gを151と落とした藤井信人が2位、過去5度の優勝を誇る川添奨太が3位、そして渡邉航明が4位で進出した。

 

4位決定戦は、3つのオープンを作った渡邉を、川添が5フレからの6連発などで258:162と一蹴した。3位決定戦も、レーンへのアジャストに大苦戦の藤井を、フォーススタートの川添が212:151で下して優勝決定戦に進んだ。

 

優勝決定戦は、刻々と変化するレーンに対し、ともに苦心の投球が続いたが、川添が7フレからのフォースで201:172と制した。トップシード者が敗れた場合は再決定戦が行われるという全日本の特別ルールで、優勝の行方は再優勝決定戦に持ち込まれた。まったくの同ピンのまま10フレ勝負へ。ストライクのあと2投目は9本の川添に対し、7本スペアの永野の最後の1投が6本カウントに終わった時点で、川添の6度目の優勝、そして優勝賞金250万円を加え、逆転での3冠が決まった。


  • 6度目の全日本制覇の川添
  • 1のサムネイル入賞者リスト
  • 2のサムネイル
    全日本方式ステップラダー

全卸連プレゼンツ JPBA☆SSSカップ2019

11月20日(水)~21日(木)/東京ポートボウル

男子優勝決定戦は斉藤祐哉・琢哉の史上初の兄弟対決

今年誕生したこの大会は、B公認ながらさまざまな新しい試みが盛り込まれ、大きな注目を集めたが、大会のフィナーレもまた、史上初の兄弟による決勝対決など、話題の尽きない大会となった。

男子はサウスポーが優勢だったが、なかでも予選からトップを快走する斉藤琢哉が、トータル2965(12G)のハイスコアでトップシードを獲得。2位に2879の森本健太、そして琢哉の兄・祐哉が3位でTV決勝に進んだ。3位決定戦は、1フレをオープンのスタートの森本が、その後も右レーンでストライクを奪えず、祐哉が207:195で制して、JPBA史上初の優勝決定戦での兄弟対決が実現した。その対戦は、1フレから6連発の祐哉が、7フレはスプリットでオープンを作ったが、8フレからオールウェーで265:231と弟を圧倒、昨年のグリコセブンティーンアイス杯に続く2勝目を挙げた。

女子は寺下智香が、男子を含めても3位に相当する2868を叩いて独走でトップシードを獲得。2位以下は大接戦だったが、準決勝最終Gに233を打った浅田梨奈が2690で2位に入り、逆に最終G177と落とした大根谷愛はヒヤリとしたが、2680の3位でTV決勝に進んだ。3位決定戦は、4フレからのダブルで一度はリードを奪った浅田だが、その後はストライクがこず、6フレからダブル、10フレをパンチアウトの大根谷が213:187で勝ち上がった。優勝決定戦は、フォーススタートの寺下が、後半はストライクが続かなかったが、変化してきたレーンへのアジャストに苦しむ大根谷を216:162で下して、予選から一度もトップを明け渡すことなく、完全優勝を達成した。

 

  • 左から女子3位・浅田、2位・大根谷、優勝・寺下、男子優勝・斉藤(祐)、2位・斉藤(琢)、3位・森本
  • 2のサムネイル
  • 3のサムネイル
  • 4のサムネイル
  • 5のサムネイル
Top