JPBA

JPBA

スカイAカップ 2019プロボウリングレディース新人戦

8月2日(金)~3日(土)/ボウリング王国スポルト八景店

 

川﨑由意が最終年にV、48期で5人目のタイトルホルダー

 

4位で決勝トーナメントに進んだ水谷若菜(50期)が、1回戦で久保田彩花(48期)を235:213、準決勝は松尾星伽(49期)を235:189で下し優勝決定戦に進んだ。

逆のゾーンからは、7位で進出の川﨑由意(48期)が1回戦で霜出佳奈(50期)を234:202で下して波に乗ると、準決勝は坂倉凛(50期)を227:218と9ピン差で退けた。

優勝決定戦は、「ボールを替えるべきだったかな…」と、最後までレーンへのアジャストに苦しんで179に終わった水谷に対し、9フレからのオールウェーなどで216とした川﨑が、新人戦出場権最終年に優勝を飾った。

48期は、山田幸、久保田彩花、宇山侑花、内藤真裕実と、すでに4人のタイトルホルダーを輩出していたが、「新人戦はまだだれも勝っていなかった。最後の年だから48期のだれかが優勝したいねという話をしていた」と振り返った川﨑が、タイトルホルダーの仲間入りも果たした。

左から優勝・川﨑、2位・水谷、3位・坂倉、4位・松尾、アマの部優勝・幸木百合菜選手

スカイAカップ2019プロボウリングレディース新人戦 最終成績のサムネイル 2のサムネイル 3のサムネイル

Top