JPBA

JPBA

第14回MKチャリティカップ

9月11日(水)~14日(土)/MKボウル上賀茂

 

女子は星野恵梨がデビュー4年目で初タイトル

平山陽一は初タイトルのMKで7年ぶりのV2

 

女子はラウンドロビンを8戦全勝の板倉奈智美がトップシード、ラウンドロビンも初体験という星野恵梨が2位に踏ん張り、姫路麗が3位での進出となった。

星野と姫路の3位決定戦は、初のTV決勝にも気持ちよくストライクを連発する星野。一方レーンへのアジャストに苦労する姫路は、8フレからのターキーで204とまとめるのが精一杯で、永久シード(通算20勝)への挑戦は、またも足踏みとなってしまった。

優勝決定戦でも1フレから快調にストライクラッシュの星野に対し、昨年3位の板倉も5フレからのターキーで、6フレで切れた星野に1マーク差に詰め寄るが、9フレは⑥⑦⑩と割れて万事休す。デビュー4年目の星野がうれしい初タイトルを獲得した。

 

男子はデビュー2年目の北原泰輔が1位、7年前のこの大会で初タイトルを挙げた平山陽一が2位、そして11年目で初タイトルを狙う小林哲也の3名がTV決勝に進んだ。

ターキーでスタートした平山は、その後はなかなかストライクを奪えなかったが、平山以上に苦戦したのは小林。6フレのストライクのあとの7フレは⑦ピンタップ。それで気落ちしたか、痛恨のカバーミスで平山が213:184で優勝決定戦に進んだ。

優勝決定戦は、ターキースタートの北原に対し、平山は4フレ⑧⑩スプリットでオープンを作る。初タイトルへ一気に突っ走るかと思われた北原だが、5フレはバケットをカバーできず、流れを手渡した。5フレからのダブルで追いついた平山は、9フレまでフィフスとたたみかけ、235:211で優勝、第7回大会で初タイトルの験のいい大会で2勝目を挙げた。

Final_Resultのサムネイル

Top