JPBA

JPBA

コカ・コーラカップ 2019千葉オープン〈女子〉

10月18日(金)~20日(日)/ユーカリボウル

久保田彩花が第1回大会を制し、通算3勝目

男女隔年開催となった千葉オープン、その第1回の女子大会は、難コンディションに各選手苦戦したが、準決勝(9G)で唯一200アップの1817を打った佐藤まさみをはじめ、板倉奈智美、姫路麗、久保田彩花、丹羽由香梨、谷川章子の6名が決勝シュートアウトに進んだ。

4~6位進出の3名によるシュートアウト1stマッチは、7フレからオールウェーで抜け出した久保田彩花が勝ち上がった。2ndマッチでも久保田の勢いは衰えず、266を叩いて優勝決定戦進出を決めた。永久シード(通算20勝)に王手をかけている姫路は、またしても足踏みとなった。

優勝決定戦は、久保田が「2ndマッチの後半、レーンの変化を感じていた」と振り返ったように、我慢の展開となった。2フレ久保田がスプリットでオープンを作れば、佐藤もワッシャーをカバーならずオープン。佐藤はさらに4フレは②④⑤をカバーミスで2つめのオープン。その後はともに左レーンの攻略に苦しみ、久保田が1マーク半のリードのまま迎えた10フレ1投目、渾身のストライクで勝負を決め、2017年の宮崎プロアマに続く約2年半ぶりの優勝で、通算タイトルを3と伸ばした。

 


  • 3勝目を挙げた久保田

  • 左から優勝・久保田、2位・佐藤、3位・姫路、4位・板倉、5位・丹羽、6位・谷川、ベストアマ・松丸澄子選手
  • 2019千葉オープン女子 入賞者リストのサムネイル
  • 2019千葉オープン女子 TVスコアのサムネイル
Top