JPBA

JPBA

JPBA WOMEN’S ALL☆STAR GAME 2020

2月1日(土)~2日(日)/北小金ボウル

坂本かやが初のレギュラータイトル獲得

 

24名による総当たりラウンドロビンを15勝9敗の坂本かやが、途中からは独走でトップシードを獲得、2位以下は大接戦だったが、前半をトップで折り返した本間由佳梨が2位に踏ん張り、ディフェンディングチャンピオンの姫路麗が3位、4位に丹羽由香梨、ポジションマッチで258を打った寺下智香が板倉奈智美を6ポイント抑え5位でTV決勝に進んだ。

 

決勝ステップラダーでは、連覇を目指す姫路が4位決定戦で丹羽を236:206、3位決定戦で本間を236:196で下して坂本の待つ優勝決定戦まで勝ち上がった。二人の対戦は、昨年12月の全日本女子プロ選手権に続き2試合連続だった。練習ボールでもレーンを読めていなかったという坂本は、2フレは③④⑥⑦のスプリットでオープンを作る。姫路はすかさず2フレからターキーでリードを広げる。6フレのストライクを初のダブルへつなげた坂本は、その後もストライクで必死に食い下がると、9、10フレと⑩ピンが飛ばない姫路を、オールウェーで234:215と逆転、全日本のリベンジを果たし、2年前の新人戦に続く2勝目、レギュラーツアーの初優勝を飾った。

 

この大会は、リスタイ等補助器具の使用禁止となって初の大会だったが、もともと使用していなかった坂本や、約2年前から使用をやめていた本間や丹羽らは影響がなかったのはもちろんだが、ぎりぎりまで使用していたなかでは、姫路や寺下らきっちり対応してきたグループと、慣れるのに少し時間を要しそうなグループに分かれた感があった。


  • 開幕戦を制した坂本。今季大ブレイクの予感も…
  • JPBA WOMEN’S ALL★STAR GAME 2020 最終成績のサムネイル
  • tvのサムネイル
Top