大会リポート・リザルト
大会リポート・リザルト

NBF

2019オールジャパンボウリングフェスティバル

4月20・21日/ボウルアピア郡山

女子は11歳の谷口美優選手が優勝

ハンデキャップ戦による、だれにも優勝のチャンスがあるNBFならではの大会だが、

男子は予選第2シリーズに761を打った樋口慎一選手(H/C0)が、トップで決勝に進むと、決勝も709を打ってトータル2894で優勝を飾った。予選を19位の津波政秀選手(H/C22)が、決勝で846を打って2854で2位に食い込んだ。

女子は、予選を2258の福村茂美選手(H/C68)が1位、69ピン差の2位には、11歳の谷口美優選手(H/C55)がつけていた。決勝は谷口選手がハンデなしで640、ハンデを加えると805を叩く会心のボウリングで、トータル2994で優勝を飾った。福村選手は61ピン差の2位だった。

2019オールジャパン成績のサムネイル

Top