PBAジャパン

PBAジャパン

PBAリージョナル2019/2020 セキユウカップ・PBAベア

8月25日(日)~9月1日(日)/PBAフジボウル

 

PBAベア(41フィート)のオイルパターンで行われた第2戦には、初出場の13名を加え170名余りが参加した。そのなか決勝シュートアウトには、16名が進出した。

 

1回戦、2回戦は、4名ずつのブロックに分かれ1Gを投球、各ブロック上位2名が勝ち上がるが、その2回戦を突破してベスト4に残ったのは、両手投げの鈴木健也選手(JBC)、プロでただ一人勝ち残った藤井信人のほか、白井康介選手(JBC)と樋口慎一選手(NBF)の4名。3回戦はその4名が1Gを投げて上位2名が優勝決定戦に進むが、202とまとめた藤井がトップ、藤井から6ピン差で白井選手が勝ち抜けた。

 

優勝決定戦は、PBAベアの一昨年の覇者・白井選手と昨年の覇者・藤井の対戦。1フレをスプリットでオープンのスタートとなった藤井だが、2フレからフィフスで逆転。しかし藤井は9フレ②⑧⑩のスプリットをカバーならずオープン。逆転のチャンスが巡ってきた白井選手だが、10フレ1投目はわずかに厚く④を残し、藤井が213:205と振り切り連覇を飾った。

bear-finalのサムネイル

優勝の藤井と準優勝の白井選手(左)と3位の鈴木選手

Top