ボールの進化によってボウリングはどう変化した?

ボールの進化によってボウリングはどう変化した?

⑦ メンテナンスでボールの寿命は延びる

先月号で、ボールの性能が飛躍的に向上した一方で、寿命がどんどん短くなっているというお話をしました。

メーカーによれば、例えばオイル抜きも何もしないで使い続ければ、100ゲームで間違いなくリアクションが低下するということです。どれぐらい低下するかといえば、実験データでは板目で3枚くらい曲がらなくなるようです。そこで今月号では、もともとのパフォーマンスをできるだけ長く維持するための方法をお話しします。

今のボールの表面はミクロ粒子の結束集合体で、滑らかに見えて、細かい凸凹があります。わかりやすくいえばスポンジのようなもので、その凸凹の穴の部分に、レーン上のオイルがどんどん吸収されていきます。とはいっても、際限なく吸収できるわけはありません。ある一定のところまでいったらそれ以上は入らないので、それを吐き出してあげないとパフォーマンスが落ちるというわけです。

まずお勧めしたいのが、マイクロファイバータオルの使用です。ボールが戻ってきたときに、ボウラーの皆さんはトラックについたオイルをタオルでふき取っていると思いますが、普通のタオルの繊維では、ミクロ粒子の中まで入っていかないので、メーカーもマイクロファイバーの使用を奨励しています。

最近は、どこのメーカーからもマイクロファイバータオルが発売されていますし、また販促品として、ボールを購入したときに一緒にくっついてくる場合もあります。

もちろんタオルでふいただけでは取り切れないので、今一般的に行われているのが、オイル抜きという方法です。私は、50~60ゲームごとにはやるべきだと思います。

たいていの場合はセンターやプロショップにお願いして、オイル抜き器でやってもらっていると思います。そのオイル抜き器の機能は、中のお湯を循環させて、多少の熱を加えてボール表面を洗い流すというメカニズムですから、ボールを家に持ち帰るのが煩わしくなければ、自分でも簡単に行えます。まず市販のオイルリムーバーを吹きかけて中の汚れを浮き出させ、バケツの中に入れたお湯で洗い流せば、同じ効果が得られると思います。そのときに気をつけてほしいのは、お湯の温度です。

近年のボールは温度に敏感で、摂氏10度から33度ぐらいの常温で保管していれば問題ないといわれています。しかし、例えば真夏に車のトランクに入れっぱなしにしている人も多いと思いますが、明らかにその範囲を超えてしまいます。

オイル抜きにしても、一時そのためのヒーターが発売されていましたが、70度ぐらいまで温度が上がってしまい、ボールの中の可塑剤が表面に浮き出てきて、最終的にボールが割れてしまうというようなこともありました。だからボールを洗う際のお湯の適温をメーカーにきいたところ、53度ぐらいにとどめるようにといわれました。

次号では、ボールの寿命を延ばすための、もうひとつの方法をお話しします。

著者プロフィール
日坂義人(ひさかよしひと)
1949年生まれ。東京都出身。ドリラー・インストラクター歴47年。神奈川県のスポルト八景ボウルとハマボールに店舗を持つヒサカプロショップ代表。日本オリンピック委員会強化スタッフ・JPBA理事、JBC指導委員会認証部会公認ドリラー。JPBAインストラクター委員会メンバー。インターナショナルシルバーコーチ。

Top