ボールの進化によってボウリングはどう変化した?

ボールの進化によってボウリングはどう変化した?

⑪ “PL-31の法則”ってご存知ですか?

先月号で、レーンメンテナンスマシンの進化が、ボウリングにどのような影響をもたらせたかについてお話しをしました。その流れで、今月号では、ホームセンターでリーグ戦を楽しむ程度のボウラーの方には、ちょっとディープすぎる情報かもしれませんが、スポーツコンディションの攻略法についてお話しします。

かつてボールメーカーにとって、いかに大きな曲がりを生み出すかが、開発の主要なテーマでした。ボウラーも、PBAのロバート・スミスに代表されるような、レーンの幅をいっぱいに使って、強烈な曲がりのボールを駆使するクランカータイプのボウリングが脚光を浴び、ボールを曲げる技術が注目された時代がありました。

ところが最近は、レーンコンディションに対して“板目を多く使わない”とか“タイトに攻める”というような言葉をよく耳にするようになりました。それは一言でいえば、オイルに左右されないためには、できるだけ板目を多く使わない方が得策だということがわかってきたからだと思います。

数年前にインターネットで、USBCが“PL-(マイナス)31の法則”というのを発表しているのを見つけました。最初のうちは私自身何のことなのか理解できませんでしたが、いわゆるエグジットポイント(ボールが、オイルが入っているところから入っていないところへ出ていく出口)が、どこが有効かを見つけるときに、目安になる法則だということがわかってきました。

例えば40フィートのオイルコンディションなら、そこから31を引くと9。つまりオイルの出口で9枚目を通過するようなライン取りをすると、ストライクになる確率が高いですよということなんです。

もちろん、曲げるタイプの人と、曲がらないタイプの人とでは、投げるラインは異なりますが、オイルの出口では同じところを通過するのが、どちらにとっても有効だということになります。

なぜそんなことがいえるかといえば、アメリカのケーゲル社が実際に実験をやったそうです。35フィートのときなら、どこがエグジットポイントとしていちばん確率が高いか、38フィートの場合はどこ…というような実験を続けて導き出されたのが“PL-31の法則”ということです。

ちなみに45フィートなら14枚目ということになります。つまりロングオイルになればなるほど、インサイドになるわけです。そういうことからも、板目を多く使うのは得策ではないということがいえます。

その法則は、あくまで比較的フラットなコンディションのときに有効であって、クラウンとか、両サイドのオイルが極端に薄いようなコンディションでは成立しません。しかし競技として取り組んでいるボウラーには、今後スポーツコンディションでの大会が確実に増えていくでしょうから、知識として頭に入れておいて損はないと思います。

著者プロフィール
日坂義人(ひさかよしひと)
1949年生まれ。東京都出身。ドリラー・インストラクター歴47年。神奈川県のスポルト八景ボウルとハマボールに店舗を持つヒサカプロショップ代表。日本オリンピック委員会強化スタッフ・JPBA理事、JBC指導委員会認証部会公認ドリラー。JPBAインストラクター委員会メンバー。インターナショナルシルバーコーチ。

Top