ボールの進化によってボウリングはどう変化した?

ボールの進化によってボウリングはどう変化した?

③ 曲がりを競ったリアクティブの時代

1981年に“アングル”の登場で、カバーストック(表面素材)がウレタン時代を迎えてから約10年、ボールはまた新たな転換点を迎えます。

前号で、ウレタンボールの登場の裏には、レーン表面のコーティング剤が、それまでのラッカー系からウレタン系への移行があったというお話をしました。そして1990年代に入ると、合成レーンが登場してきます。

レーンはもともと木材(楓と松の木)で造られていました。当然ボールの落下や摩擦で傷むので、数年に一度は表面を削って平らにするリサーフェースという工事が欠かせません。しかし木の厚みには限りがあるので、それを繰り返すのにも当然限界がやってきます。

そこでいちばん手っ取り早い方法として考えられたのが、それまでの木のレーンの上に合成の板を張り付けるアンビレーンです。もちろん新設のセンターや、レーンをそっくり入れ替える場合も含めて、ウッドレーンから合成レーンへ急速に切り替わっていきます。

合成レーンはウッドレーンよりも表面がはるかに硬く、したがって摩擦力は低下します。そこにオイルを乗せるのですから、ウレタンよりもさらに摩擦力の高い素材が求められてきます。

これは私が小耳にはさんだ話なので、真偽のほどは分かりませんが、あるメーカーの開発者が、ウレタン素材に可塑剤を添加してみたら、オイルの上では摩擦力が低下するけど、オイルが抜けたドライゾーンにいくと、もともとの持っている摩擦力をそのまま発揮するような素材が発見されたということです。

それが今でいうリアクティブで、1990年に、その表面素材を使った初のボール“Xキャリバー”が発売されます。それを発表したのは、メジャーなメーカーではなく、小さなガレージメーカーでしたが、バックエンドでの強烈な曲がりを生むそのボールは爆発的にヒットし、日本でもたちまちのうちにXキャリバーだらけになったほどでした。

リアクティブは、オイルのあるところとないところでの反応の差が激しいという欠点もありましたが、そこに目をつむっても、曲がりの大きさによるストライクゾーンの広がりが重視されました。ボウラーはより大きな曲がりを求め、各メーカーも、開発にあたっては曲がりの大きさを競った時代でした。

一方で、その激しい曲がりのボールでは、⑩ピンのカバーなどは困難でした。1983年より、複数ボールの使用が認められるようになったことは、先月号でも触れましたが、この時代になって、1投目のボールとは別にカバーボールという考え方が生まれます。いちどは廃れかけたポリエステルボールが、カバーボールとして再び日の目を見ます。それとともに、2個入りのバッグが急速に普及しました。

著者プロフィール
日坂義人(ひさかよしひと)
1949年生まれ。東京都出身。ドリラー・インストラクター歴47年。神奈川県のスポルト八景ボウルとハマボールに店舗を持つヒサカプロショップ代表。日本オリンピック委員会強化スタッフ・JPBA理事、JBC指導委員会認証部会公認ドリラー。JPBAインストラクター委員会メンバー。インターナショナルシルバーコーチ。

Top